E46 ステアリング トリム塗装

ステアリング内側のT字型をしたプラスチックの部分に、いつのまにかキズを付けてしまっていて、車に乗り込むたびに目に入るところなのでちょっと気になってました。

そんなわけで、先日ホームセンターでプラスチック塗装用の黒つや消しスプレー缶を見たときに、それを思い出して、思わず買ってしまいました。

f:id:tkdys:20171227140432j:plain


早速T字型のプラ部分の取り外しにかかります。エアバッグを外すことになるため、バッテリー端子を外しておきます。

f:id:tkdys:20171227140500j:plain

 

ステアリング裏側の、下の写真中央部の穴(左右にあり)に、自分はT20トルクスレンチのL字型の長い側を押し込みました。

f:id:tkdys:20171227140518j:plain


すると、押し込んだ側のエアバッグのロックが外れてボコッと浮き上がります(ちょっと手で引っ張ったかも)。

左右とも浮き上がればエアバッグを引き出せます。

f:id:tkdys:20171227140534j:plain


エアバッグのコネクタは上側の一部を持ち上げてから外します。

f:id:tkdys:20171227140554j:plain


プラスチック部分は下図のようにT20トルクスネジ(左右)と、ステアリング下部の裏側からT20トルクスネジ2か所を外して、ステアリング本体から取り出します。

f:id:tkdys:20171227140610j:plain

 

f:id:tkdys:20171227140624j:plain

 

取り外したプラスチック部分は、色の違いでわかるように上下に分割されています。
今回塗装するのは下側です。ここもT20トルクス。

f:id:tkdys:20171227140638j:plain

 


塗装前の準備として、家にあったサンドペーパーで表面の塗装を荒らしたところ、少し削っていくと下地の樹脂色が現れてきました。
どうせならこの下地まで出してしまおうと、ペーパーがけするも結構大変な労力で、サンドペーパーからピカールに替えてみても少しマシになるくらいでしたが、除光液(ほぼアセトン)でやってみたところ、臭いはキツイもののタイムパフォーマンスは抜群でした。
その後、表面をサンドペーパーで荒らし、脂分除去のため中性洗剤で洗っておきました。

f:id:tkdys:20171227140652j:plain

 

途中、塗装最中のプラ部分を庭に落としてしまったり(-_-;)、塗布量が多かったせいかタレが見られたりしましたが、その都度サンドペーパーで修正して何度か塗り重ね、なんとかうまく出来た気がします。

f:id:tkdys:20171227140708j:plain

 

塗料の乾燥に結構時間をとられるので、ついでにサドルソープでステアリングの革を洗ったのちに取り付けました。あとはエアバッグを取り付ければ完成です。

f:id:tkdys:20171227140724j:plain

 

耐久性に関しては、これから様子見ですね。