E46 着座センサーキャンセラー取付け

助手席に人が乗っているかどうかを検出する着座センサーが断線したらしく、エアバッグ警告灯が点いてしまいました。
こういった場合、安全側で考えれば、事故の際には当然エアバッグが開くものと勝手に思っていたのでずっとほったらかしにしていました。

でもやっぱり目障りだし、調べてみると安かったのでキャンセラーを取付けることにしました。
eBayで1,500円くらい、送料無料、1週間ちょっとで到着しました。

助手席のシートを固定しているボルトのキャップをとり、ボルトを外します。

f:id:tkdys:20160709133127j:plain


ヘッドレストも外しておきます。

後側のボルトも取り外し、シートレールの下に何か適当なものをかませて、作業スペースを作ります。

f:id:tkdys:20160709133140j:plain


シートの裏側にあるコネクタを外し、キャンセラー(グレーのもの)を取り付けます。
外したケーブルはインシュロックで固定しておきます。

f:id:tkdys:20160709133151j:plain



いつのまにかエアバッグ警告灯は消えていました。エラーリセットは要らないようです。
念のためBMW INPAで確認してみると、助手席に人が座っていることになっているので、大丈夫だと思います。
[ passenger seat : occupied ]

f:id:tkdys:20160709133207j:plain